たまにはオーガニックのことも思い出してあげてください

人気記事ランキング

ホーム > > 戸籍謄本 海外 取り寄せ

戸籍謄本 海外 取り寄せ

戸籍謄本 海外 取り寄せてみたいと思っています。わたしは、スイスに住んでいますが、この度、スイスでの公的手続きに於いて、戸籍謄本が必要になりました。
その役所で、戸籍謄本を取得するよう指示され、海外まで取り寄せの必要が生じたのです。
道すがら読んだのが、次の三木清の著作権切れの論文です。著作権切れながら、戸籍謄本についてあれこれ考えながら読むにはちょうど良い感じでした。
支那や日本に於ける仏教の発達の場合を見よ。この独自な発達は原典ではなく、かえ)って飜訳書の基礎の上に行われたのである。或いはポエチウスによるアリストテレスのラテン訳が中世のスコラ哲学の発展に与えた影響、或いは聖書のルッテル訳がドイツ文化の発展に及ぼした影響などを想い起すがよい。何でも原書で読まねばならぬと思い込んでいることが如何いか)に無意味であるかが分るであろう。
戸籍謄本 海外 取り寄せについて考えながら、さらに三木清の文章を読み勧めました。
戸籍謄本を海外まで取り寄せるには、ハードルがあることが分かりました。
然るに日本の学者の多くは何故なぜ)かそのよう に思い込んでいるのである。彼等は飜訳書を軽蔑することをもって学者の誇であるかのように考えている。なるほど、どのような飜訳も、飜訳たるの性質上、不 正確、不精密を免れない。誤訳なども多い。しかしこのような欠点は語学者や註釈学者にとっては最も重大な性質のものであって、自分で考えることを本当に 知っている者にとっては何等妨害とならないのみか、そのような不正確、不精密、誤訳から却って面白い独創的な思想が引出されている場合さえあるのである。 これは少し綿密に思想の歴史を研究した人には容易に認められ得ることである。
 私はもと)より誤訳の出現を希望する者ではない。

以上が、戸籍謄本 海外 取り寄せを考えながら読んだ、三木清の論文です。
いかがでしたか